この夏は疲れた…。

小さな蝶がコレまた小さなゴーヤの花の蜜を美味しそうになめていた。数株のゴーヤだが大きな実をつけてくれたりずいぶん頑張っていたけど中には葉が枯れはじめたのもあるのでそろそろミッション終了の時が近いようだ。人も植物もこの夏の猛暑には疲れ果てたのでここらでお休みが必要だ。

今日現在で大きな実が4個と小さなのが一個上の方になっている。もう少し大きくして収穫して酢の物かなんかで食べてみようと考えている。もっと大きくなるまでと、欲張り過ぎると黄色くなり爆裂して食べられなくなるので観察が必要。清掃工場の周りの桜も気温の変化なのか水分不足なのか例年より早く落葉が見られる。

 

 

元祖肉う丼。

夏が終わるのはなんだか寂しい気がする。連日の猛暑の頃はもういい加減にしてほしいとぼやいていたのに人は勝手な生き物なんだろう…。

急に涼しくなり冷たいものを食べたり、飲むのも感動がなくなり温かなモノを食べてやろうと牛肉の安売り400gを買って来て昨日の晩ご飯は牛肉と少しの野菜・豆腐・茸を合わせたモノを卵でとじてすき焼風に作り食べた。今年初めての鍋物風となった。夫婦2人で一度に食べるには多すぎたので意識的に残し、私の本日のランチに再利用。同じく残っていた茹でうどん一玉をすき焼風の具に麺つゆと水を足したモノに入れてグツグツ煮込ん(5分位)で出来上がり。丼に入れたらすき焼風の具が多く丼物のようになってしまった。東京の今日の気温にはちょうど良い感で食べることが出来た。

中目黒八幡神社の祭礼。

9月23日(日曜日)・前日から続き雨ふりで止む気配が一向にない。最高気温も22℃と言われ室内でも20℃位で半袖では寒い感じがしている。

本日は中目黒に近い『中目黒八幡神社』の例大祭の最終日で大人神輿が繰り出しているようだが昨日の子供神輿と違い我が家の前までは来ないようだ。直ぐ近くは目黒大鳥神社のテリトリーも近くなかなか忙しい所で楽しめるのである。去年の夏に『舎人』の新居に引越した息子家族3人もお祭りに参加のため昨日から来ている。昨日は子供神輿に2歳児もほんの少し付き合いお菓子などのお裾分けをもらって嬉しそうだった。この雨の中大人神輿の連中は中目黒に向う辺りを練っているのだろうか?少し前の暑い日が懐かしい祭礼最終日。懐かしいと言うより暑さを忘れてしまった…。

近くの小学校の大同窓会の案内チラシを知り合いのお父さんから2種類を預かったので約束通り白壁の左右に2枚貼って置いた。神輿の世話をしている何人かはこの小学校の卒業生だろう。私は横浜で息子達は下目黒小学校である。

 

今週は峠に列ぶ…。

先週のさんまに続き今週も列ぶ。

今回は恵比寿三越の食品フェアへ

群馬県の美味しいもの広告につられて

コチラは11時前に列べば充分間に合う。

横川駅『峠の釜飯』40年振りだろうか?

とても懐かしい味…。

現在は当時の駅では売られていないそうで、

都会に住む私は『駅弁大会』のような時にしか買えない。

昔はコレにお釜と同じような材質の容器のお茶を買ったりした。

本当に懐かしい味でトツピングの杏がいい感じだ…。

それにして今年はよく列んだ方だろう。

懐かしの:峠の釜めし本舗おぎのや

 

秋分の日

風が吹き雨が降れば季節は変わる。

自然界の決まり・常識なのだろうか暑さ寒さも彼岸まで…。

空から秋への招待状が届いた。

それはそれは大歓迎である。いいね!

写真は目黒通りを下った辺り港区にある通称『清正公』と直ぐ隣のシェラトン都ホテル東京の夕暮れ時のショット。上の2枚はPCに取り込んだ後、横位置のモノを縦長に修整せずにそのままトリミングしてみた。ちょっとしたイタズラです。

本家『熊本県』の催しへのリンク:清正公生誕450年・没後400年記念事業

サンマに列んだ食べた!

17回目の目黒区の目黒のさんま祭りのさんま食べたい!の行列に初めて列びました。灯台元暗しで匂いだけで我慢していましたが今回は思いって列んでみました…。前夜のTV TOKYOの番組の影響もあり昨晩から列んでいたと言う人もあり、私が列んだ『朝6時過ぎ』にはすでに1度目の入場人数を超えていたようだ。途中食事のため交代をして会場に入れたのが10時30分過ぎで4時間列んだ事になる。後は流れ作業的に案内され焼き手の前に行き焼けるのを待って、焼き上がりを出来るだけ早めにもらい(火の前はとても熱いのです)テント席で立食いと相成った。久し振りに食べる炭焼きのサンマはとても懐かしい味であった。何は兎も角、焼き手も列んだ食べ手もお疲れさまですね…。