これは良い酒の肴にさかな豆

枝豆の旬もそろそろ終わりに向かってきた感じだが最近の茶豆ブームと言って良いのかその土地産の茶豆が幾つかあり買う時に迷う事もしばしば。私自身は横浜で育ったので子供の頃食べていたのは千葉産のごく普通の枝豆で今時の茶豆に比べれば美味しいというレベルではなかった。それでも夏の定番でスイカと枝豆は欠かせないもので多分千葉産だったタライの中の水で冷やされたスイカは美味しい!と言ってガッツいて競って食べていた。妻の誕生日のお祝いにと新潟の友人から送られてきたという野菜セットの一つに大袋に入った枝豆が入っていて貼られていたシールに『さかなまめ』の表示があった。

茹でたのを試食して見たら茶豆に近い味でなかなか美味しい枝豆だ。

With Coronaで権之助坂にも変化が

With CORONA の諦め呪文効果もそこそこで東京の感染者数は期待した様には減らず東京都民の私らは悩ましい毎日を送っている。しかし、そう考えるのは高齢者カテゴリーの私らだけの様で手指消毒からマスクやソシャールディスタンシングもお疲れ気味でなんだか緩くなっているのは気になるけど・・。目黒駅には近寄りたくはなかったがコーヒー切れにやなか珈琲へ出掛けてしまったが土曜日と連休初日という事なのか人の数はかなり多かった。行きはバスでタイミングよく来た東京駅南口行に乗り帰りは歩きで権之助坂を下ったがコロナの影響が垣間見られた。

坂の両端に戦後からだろうか店などの建物が崖の上に作られていて外見には判らないが下の写真にある場所から眺めるとその構造がよく解る。

ここはいつの時代も変化が激しく常に崖っ渕な所だ。

悩ましい Go-Q-Point

首相が変わり携帯電話料金(通信料金?)の大幅値下げへの言及があったが笛吹けど踊らずで各社とも対応すると言うアナウンスは皆無で期待は出来ない。日本の現状を見ると余りにも高くアメリカに次ぐ高い料金設定で1割2割ではなく最低でも50%のレベルまで下げるべきだと思う。デジタル化を推進していく考えであるならば私達ユーザーのためにも政府は真剣に通達のようなものを出してほしい。私が期待しているのは通信料金だが携帯電話料金とか言っているがどっちだ。

経済活性化の切り札のGo To Travel, eats 私らにはどこか無縁だがパソコンなどでテキストを作成するときの『号・級・ポイント』は相変わらず悩ましい。私は活字時代後の写植文字の級(単位ミリ)育ったので現在のPointにはまだ戸惑いもありPagePixelmator Pro等で文字入力の時一度で決まらないので時間が掛かる。

G4 Macの時に使えていたAdobe製品のInDesignは写植時代の級(文字サイズ)で分かりやすかったのだがこれだけの為にG4を起動するのも悩ましいのでPointに縋っている・・。

暑さ寒さも彼岸までとか・・、

9月も中旬を迎え東京の明日の気温は34℃の予報だがその後気温もぐっと下がり来週には最高気温も28℃位になり夏も終わりを迎える。8月1ヶ月は暑い日が続きエアコンの休む間もなく9月に入ってからもそのままで秋が来ないんじゃないかと諦め気味だった。昔から言われている暑さ寒さもナントヤラは現在も健在でその通りになるが地球環境の変化で気温は高めである。しばらくすれば暖房の心配をしなくてはならないが今シーズンもホットカーペットだけでストーブの出番はないかも知れないくらい温暖化は進んでいる。

電気代的にはエアコンの方が高い感じだ・・。

昨年同様にベランダの一度は終わったミニトマトも葉が伸びて何やら花も咲いているのでひよっとしたら実になるかも知れないが確率は低いかも・・。いずれにしても猛暑日はもういい加減に勘弁して!😂